>

長期資産運営に適している理由

この記事をシェアする

利益があればお得な非課税

NISAの一番の魅力は非課税にあると言えます。
投資して利益を得ると通常はその利益に関して税金がかかります。
例えば株で50万円の利益を得たとするとその利益に対しておよそ20%の税金がかかるので純利益としては40万になりますが、NISAの口座であれば、50万全額が利益になるのです。
通常に比べて10万円も得するというのは大変魅力ですね。
一般のNISAで5年積み立てで20年のこの非課税年数の枠は、その期間に得た利益は全て非課税ですよという事です。
ですから積み立ての場合であれば20年間は年間40万の投資ができるという事です。
場合によって20年そのまま継続保存の様に理解する人もいるようですが、取引は期間中、設定金額内であればできます。
投資会社によっては非課税で得る利益計算のシュミレーションが出来たりしますがあくまでも年間何パーセントかの利益があった場合のシュミレーションです。

一般と積み立ての違いと注意点

NISAは非課税ですが一般と積み立てでは前述の通りその非課税年数が異なります。
扱う商品も一般は投資信託以外に株も取引の対象になります。
また一般NISAは年間投資額が大きいのでリターンも大きいと言えます。
その分当然リスクも大きいので安定しローリスクな積み立てを選ぶ人も多いです。
しかし積立NISAには売買ルールがあって買い付けは最初の一年だけなので注意しましょう。

またNISAは損益通算と言って、確定申告などによって過去の株式投資の損益を相殺できる対象にはなりませんので理解が必要です。
例えばNISAの口座で損をしたが他の口座で儲けたという場合、NISAの損額は他の口座での利益にかかる税金における軽減対象にはならないという事です。
NISA以外の口座でも投資している場合は注意が必要ですね。