>

口座を開設したら投資が始まる

この記事をシェアする

口座開設からの流れ

NISAの口座開設は直接金融機関でもできますし、ネットでも、電話でも資料請求をして送られた資料に記載し、または必要書類を返送して審査後、開設となります。
過去に口座開設キャンペーンなど申し込んでみたが利用してない場合などは一度確認する必要があります。
NISAは一人1口座のみですから、既に開設してある場合、他の金融機関でまた開設することはできません。
ネットから入る場合必要なパスワードなどの書類は再送もしてもらえますから再送依頼をして同じ投資会社から初めてみる方が手続きは速いです。
また投資の仕方も「積立投資」「分散投資」があり、積立は価格の上下で買い方を考慮し、分散投資であれば幾つかの投資をするわけですから、どれかは下がっても上がっているものもあると言う双方リスクを少なくすることをメインにしているとも言えます。

どのファンドを選ぶか

投資信託は、実際には運用会社の投資家の采配に結果を委ねるとも言えます。
その運用会社にも色々種類があります。
テーマとも言えますが、例えばAIに特化した会社や兎に角安定している会社、または日経平均株価を中心に考える会社など色々あります。
また国内のみ、海外も含めるものなどどんなタイプが良いかは証券会社に相談したり自分で調べて決める必要があります。
いずれを選んだとしても、ハイリターンにはハイリスクがあるのはどの投資でも同じです。
自分は国内のみにしたい、海外先進国も考慮したい、または新興国は不安もあるが、未知の魅力も溢れているなど、自分が求めるものが少ない資産で冒険がしたいか、安定を望むかで選択も違ってきます。
運用会社の実績や評価も参考にして学習して投資を始めましょう。